カードローンでバレずに借りる方法とは?

 
お金を借りているということは、できるだけ他人に内緒にしたいものです。
しかし、金融機関でお金を借りるといろいろな手続があるため、家族や職場にバレやすいことも事実です。

申込の際には、職場への在籍確認の電話があり、審査が通っても契約書類やローンカードなどが郵送されます。消費者金融の場合は、コンビニなどのATMでキャッシングをすると貸金業法の説明文書が自宅に届くことがあります。

 

郵送物や電話は、お金を借りていることが他人にバレる原因になります。

 

では、どうすればいいのでしょうか。

 

まず、在籍確認の電話については、大手消費者金融のプロミスなどのように在籍確認の方法を健康保険証や給与明細で代用するケースがあります。両者ともに会社に勤めていなければ持っていないはずですから、有効な在籍確認の確認手段となります。

 

職場への私用電話を取り次がない会社も増加していますから、このような配慮をしてくれると大変ありがたいと言えるのではないでしょうか。

 

また、契約の際に必要となる書類やローンカードについては、金融機関の無人契約機などを利用することで、問題は解決します。無人契約機というと、プロミスやアコムを思い浮かべる人も多いでしょうが、最近は三井住友銀行のようなメガバンクも設置しています。

 

無人契約機を利用すれば、自宅への郵送物はなくなります。

 

また、お金を借りる都度、郵送物がある問題点については、消費者金融などの無人機店舗などに併設されているATMを利用することで解決します。

 

利用の都度、ちょっと多めの明細書が出力されますが、これをもらえば自宅にハガキが届くことはありません。

 

消費者金融でコンビニATMを利用すると手数料が必要ですが、消費者金融のATMを利用すれば手数料無用というメリットもあります。