カードローン審査で在籍確認されなかった人もいるらしいのは何故か?

 

カードローン審査、在籍確認の電話が必ず行われているのかというとそうでもないようです。

 

中には『カードローンの在籍確認、電話が無かったけど審査に通ったよ』という人もいます。

 

カードローンの在籍確認は、
@ 勤務先の勤続年数が長い

 

A 信用情報機関から勤務先が変わってないと確認できる

 

B 職場がしっかりしている
場合は省かれることがあるのです。

 

なぜ在籍確認を省かれる場合があるのかについて考察していきます。

 

在籍確認の目的

在籍確認の目的は、個人情報集めや信用力チェックではありません。

 

主たる目的は、テロリストや暴力団関係者でないかをチェックしています。

 

勤務先が
@ 公務員である

 

A 誰でも知っている会社である

 

B ホームページがあり、従業員数が多いとわかる

 

C 勤続年数が長い

 

D これらを信用情報機関から確認できる
場合は、客観的に在籍していると理解できます。

 

電話で在籍確認を行わなくても、登録されている情報と、申し込んだ情報で在籍確認は行えるのです。

 

在籍確認が行われる人

逆に在籍確認が省かれず、行われる事が多い傾向のある人は、
@ パートやフリーター

 

A 派遣社員や契約社員などの非正規雇用者

 

B 転職を繰り返している人

 

C 何の仕事をしているのか、申し込み情報でわからない人
です。

 

これらの人は職場がよく変わりますので、現況確認として在籍確認を電話で行うことが多くなります。

 

在籍確認は常に電話で行われるわけではありません。

 

既存の情報をもって、在籍確認を行うこともあるのです。

 

電話がかかってこなくても、気にする必要はありません。